おうちの性能

一年中快適に過ごしたい方へ!夏は涼しく冬は暖かい家にするための工夫をご紹介!

「一年中快適に過ごせる家を作りたい」
このようにお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。
一年中快適な家に共通している特徴は、夏は涼しく、冬は暖かいということです。
そこで今回は、一年中快適に過ごしたい方へ夏は涼しく冬は暖かい家に施された工夫を紹介します。

断熱と気密が重要!

一年中快適な家を作るために最も重要なのは、断熱と気密であることをご存知でしたか。
ここからは断熱と気密がなぜ重要なのかを紹介します。
新築を建てようと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

まずは断熱についてです。
暖房をつけているのに全く部屋が暖まらないという経験をしたことがある方はいらっしゃいませんか。
暖房設備に問題がある場合を除けば、その原因は断熱性能が低いことにあります。

次は、気密についてです。
そもそも気密という言葉を聞いたことがないという方もいらっしゃるでしょう。
気密とは、家の継ぎ目をできる限り無くして空気の出入りを極力減らすことが目的です。

床と壁の隙間、コンセントの取り付け場所などは気がつかないうちに隙間風が入ってきています。
そうなると冷暖房の効果が大幅に低減してしまいます。

断熱と気密を徹底することで一年中快適に過ごせるようになるので、新築を建てようと考えている方は覚えておいてくださいね。

窓の断熱対策も忘れないように

ここまでは断熱と気密の重要性について紹介しました。
しかし、ここで注意点があります。
それは、窓の断熱です。
実は、窓は外気温の影響を最も受けやすい部分なのです。

冬の暖房であれば58パーセントもの熱を外部へと放出してしまいます。
また、冷房をつけている夏は、73パーセントもの熱が家の中に入り込んできます。
この数値は、外壁や屋根などと比べても圧倒的と言えるでしょう。
そのため、快適な室内環境を作り出すためには、窓の対策は必須です。

窓の対策をする際に注目したいのが、窓枠です。
日本ではアルミの窓枠が最も多く使用されているでしょう。
アルミはとても加工しやすいので便利ですが、熱伝導率が高いです。
熱伝導率が高いということは外気温の影響を受けやすいということですよね。

実は世界的には窓枠の素材として樹脂や木を使用する住宅が増えているようです。
本稿をご覧の皆さんもぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

今回は、一年中快適に過ごしたい方へ夏は涼しく冬は暖かい家に施された工夫を紹介しました。
紹介した内容以外でも気になることがあれば、お気軽に「おうちの買い方相談室」までご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP