おうちのお金

住宅ローンの返済でギリギリの生活に?余裕を持って生活するコツを紹介します

「住宅ローンの返済で生活が苦しくならないか不安」
新築を建てようと思っている方の多くがこのような悩みをお持ちかと思います。
住宅購入は何度も経験することではないので、わからないことが多く不安ですよね。
そこで今回は、住宅ローンを上手に利用する方法を紹介します。

住宅ローンを上手に利用する方法とは?

住宅ローンはかなりの金額を借りることになるかと思います。
そのため、返済が大変になってギリギリの生活にならないか不安だという方は多いでしょう。
ここでは住宅ローンの返済がキツくならないようにするための方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、返済負担率を25パーセント以内にすることです。
まず住宅ローンを利用する際には現在の収入からどれくらいの金額を借りられるかを確認することが重要です。
その確認方法として返済負担率を参考にすると良いでしょう。

返済負担率とは、収入に対する年間の返済金額の割合を示したものです。
一般的には25パーセント以下に抑えた方が良いです。
25パーセント以下に抑えられると余裕を持った生活を送れるでしょう。

2つ目は、定年前に完済することです。
多くの金融機関では完済年齢を80歳未満と定めています。

しかし、よく考えてみると安定した収入があるのは定年までですよね。
そのため、定年までに完済できるような計画を立てる必要があります。
遅くとも定年退職の年までに完済できるようにして、できる限り早い段階で完済することを目指しましょう。

住宅ローンがキツくなる前にすべきこと

ここまでは住宅ローンをうまく利用する方法について紹介しました。
しかし、どうしても返済がキツくなってしまうことがあるかもしれません。
そういった場合の対処方法についても知っておきたいですよね。
ここからは住宅ローンの返済がキツくなる前にやるべきことを紹介します。

1つ目は、家計を見直すことです。
まずは一度日々の生活費を見直してみましょう。
無駄な支払いをしているのであれば、その分を返済に充てるようにしてください。
毎月少しずつでも出費を抑えられれば、返済は楽になるかもしれません。

2つ目は、返済額を変更しておくことです。
住宅ローンの種類によっては途中から返済額を変更できる可能性があります。
すべての金融機関でできるわけではないので、確認してみてください。
遅延が続いてしまうと金融機関の対応も厳しくなってしまうので、早めに相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、住宅ローンを上手に利用する方法を紹介しました。
住宅ローンはしっかりと計画を立てて利用するようにしてくださいね。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP