未分類

維持費はどのくらい?マイホームにかかる維持費を解説します!

「マイホームの維持費がどのくらいかかるのか分からない」
「維持費を抑える方法はあるのだろうか」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
維持費はできるだけ抑えたいですよね。
そこで今回は、マイホームに必要な維持費と維持費を抑える方法をご紹介します。

マイホームに必要な維持費とは?

マイホームに必要な維持費には、税金、保険料、マイホームの修繕費用の3つがあります。
税金は、固定資産税と都市計画税の2つです。
固定資産税は不動産を所有している方に課される税金で、建物の構造や設備などによって大きく異なります。
都市計画税はマイホームが市街化区域内にある場合に課せられます。
道路建設や上下水道の整備などに充てられる税金で、相場は大体年に1万円から5万円です。

保険料には、火災保険と地震保険があります。
住宅ローンを契約する際には必ず火災保険に加入しなければいけません。
地震保険は必須ではないので、火災保険とセットでは加入できますが、単独での加入はできません。
火災保険料や地震保険料は、建物の構造や近隣で火災が多いかどうかによって大きく異なります。

マイホームは時間が経つにつれて傷むため、リフォームが必要になります。
そのような場合にかかるお金が修繕費用です。
立て続けに修繕すると出費が増えるため、将来を見越して貯金しておくと良いでしょう。

維持費を上手に抑える方法をご紹介!

維持費を抑えるためには、建築時にメンテナンスフリーの素材や耐久性の高い素材を選ぶのがおすすめです。
耐久性の高い素材であれば、50年以上の耐用年数を期待できます。
耐久性の高い素材としては、タイル材やサイディング材、銅板材などがあります。
ただし、そのような素材は比較的高価なので、予算と相談しながら決めるようにしましょう。

また、自分でできる範囲でこまめな手入れを心がけることも大切です。
外壁や水回りなどは職人でなければ修理が難しい部分です。
しかし、フローリングの細かい傷や壁のひび割れなどは自分で修理できる場合もあります。
劣化を防ぐためにも、定期的にご自身で手入れをすると良いでしょう。

まとめ

今回は、マイホームに必要な維持費と維持費を抑える方法を紹介しました。
保険料や税金などはなかなか抑えられませんが、修繕費は使い方や手入れの仕方次第で削減できます。
こまめな手入れを心がけて、美しいマイホームを保ちましょう。
マイホームの購入を検討されている方は、お気軽におうちの買い方相談にご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

[instagram-feed]
TOP