おうちの設備

パントリーは必要か?パントリーのメリット・デメリットをご紹介します!

「キッチンには食材や調味料が多く、なかなか整理整頓できない」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、パントリーです。
そこで今回は、パントリーのメリットとデメリットをご紹介します。
パントリーは必要だろうかとお悩みの方は、ぜひお役立てください。

パントリーのメリットとデメリットとは?

パントリーの大きなメリットとして、買い溜めができることが挙げられます。
コストコや業務用スーパーによく行く方は、まとめて商品を購入する方が多いのではないでしょうか。
パントリーがあれば、買い溜めをしてもしっかり収納できます。

また、多くの調理器具や食料品を収納できるため、キッチンをすっきり見せられます。
キッチンの床や棚の上などにものを置く必要もなくなります。
キッチンがきれいになることで、気持ちよく料理ができるでしょう。

デメリットは、必要以上に買い溜めをしてしまう可能性があることです。
収納に余裕があれば、その空間をもので埋めようとするのが人間の心理です。
パントリーにたくさん収納できると分かっていると、普段よりも多めに買い溜めをしてしまいます。
必要な量を見極めて食材を購入するようにしましょう。

また、賞味期限切れの食材が増えることもデメリットの一つです。
パントリーに収納する際は、賞味期限が近いものを手前に収納する癖をつけましょう。
さらに、パントリーの奥行きを浅くして、奥のものも取り出しやすいように設計するのもおすすめです。

パントリーの便利な使い方をご紹介!

パントリーの棚を可動式にすると、簡単に調節できてとても便利です。
せっかく作った収納スペースを存分に活かせるように、市販のメタルラックを使用する方もいらっしゃいます。

また、収納用のカゴや箱を使い、奥のものを取り出しやすくするのもおすすめです。
カゴにはラベルを付けて、中に何が入っているのか把握しやすくしましょう。
パントリーだけ壁紙を変えてみると、新しい雰囲気の空間になります。
ピンクや赤のような大胆な色でも、パントリーの部分だけなら思い切ってお気に入りの空間を作れます。

まとめ

この記事では、パントリーのメリットとデメリット、パントリーの便利な使い方について解説しました。
パントリーには様々な魅力があることをお分かりいただけたと思います。
パントリーをうまく活用して、ゆとりのあるキッチンを作りましょう。
マイホームの購入を検討中の方は、ぜひおうちの買い方相談室にご相談ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP