おうちのお金

結婚後はどのタイミングで家を買う?家を購入する際の注意点も紹介します!

「結婚後に新築を建てようと思っている」
このようにお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。
住宅は高額な買い物なのでなかなか決断が難しいですよね。
そこで今回は、結婚を機に家を購入する際のメリットとデメリット、家購入時の注意点を紹介します。

家を購入するなら結婚前と結婚後のどちらが良い?

結婚する前か後、どのタイミングで家を買えば良いのか迷っているという方が本当に多いです。
高額な買い物なのでなかなか踏み切れないですよね。

結婚よりも前に住宅を購入するメリットとして、住宅ローンの返済が早い段階で終えられることが挙げられます。
しかし、新婚時からずっと同じ家に住むことになります。
そのため、二人暮らしの間は広すぎるといった悩みを抱えたり、子供の人数と子供部屋の数が合わなかったり、家族の人数に合わせて他の物件に移り住むのが難しかったりという問題が発生かもしれません。

住宅ローンを早めに完済できるのは大きなメリットですね。
しかし、デメリットもあるので十分に検討してください。

住宅購入時の注意点とは

ここからは住宅を購入する際の注意点を3つ紹介します。
それぞれについて詳しくみていきましょう。

1つ目は、将来の生活を考えた住まいの選択をすることです。
家族構成やライフスタイルは将来的に必ず変化します。
将来の生活を見据えて住宅を購入することが重要になります。

例えば、老後に備えて1階で生活ができるようにしたり、段差をできる限り無くしたりです。
また、子供をつくる予定なのであれば、子供部屋についても考えておいた方が良いでしょう。

2つ目は、住まいの衝動買いをしないことです。
条件の良い住宅を不動産会社がおすすめしてくることがあるかもしれませんが、そうした物件を衝動買いするのは避けたいところです。

もちろん注文住宅よりも安価で買えるかもしれませんが、満足のいく生活ができない可能性もあります。
十分に気をつけましょう。

3つ目は、自己資金は余裕を持って準備することです。
自己資金は多ければ多いほど住宅購入をスムーズに進められます。
頭金が0円でも住宅を購入することは可能ですが、その分だけ住宅ローンの返済額が増えます。
住宅購入のタイミングが決まっているのであれば、その時期に合わせて自己資金を準備していきましょう。

まとめ

今回は、結婚を機に家を購入する際のメリットとデメリット、家購入時の注意点を紹介しました。
住宅購入のタイミングはなかなか決められないと思います。
修正後 お悩みの方はぜひ「おうちの買い方相談室」までお気軽にご相談ください!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP